よくあるワインのマナー違反を学ぼう!

およばれしてもこれで安心!洋食テーブルマナー講座

ワインを注いでもらう際の注意

ワインを飲む時のマナーとは

ワインは日本でもポピュラーなお酒として認識されていますが、「ワインを飲む時のマナーを知っている」という人は、どれだけいるのでしょう。日本にはお酌という言葉があります。会社の飲み会など、お酒を飲む機会も多く、女子社員が男性社員へお酌をしている姿を良く見ます。しかし、日本では当たり前のこの光景ですが、外国では女性がお酒を注ぐのはマナー違反とされている事が多いのです。ワインは元々日本の飲み物ではありません。また、結婚式などのコース料理は洋食が多いので、フランス料理であればフランス風に楽しんでみてはいかがでしょうか。

ワインを注ぐ時の注意点

ワインを注いでもらう時、皆さんは普段どんな風に待っていますか?ビールのようにグラスを傾ける。ただ持って待っている。実は、どれもマナー違反とされている行為です。ワインを注いでもらう時には、グラスは持たず、ただじっと待っていればいいのです。思わず手を添えてしまう事もあるでしょう。しかしワインは手を添えるような事もしなくていいのです。また、ワインを注いでもらう前からワイングラスを移動するなどの行為もやってはいけません。とにかくワインが注がれるまでは、じっと待っているだけにしましょう。

ワイングラスの持ち方

ワインは温度管理がされており、最もおいしいとされる温度で、お客様に提供している飲み物です。もしもグラス部分を持ってしまうと、せっかく美味しい温度にしたワインが、手の温度により温かくなってしまいます。ワイングラスには脚がついています。この脚をステムと言いますが、飲む時には、このステムの上の方を持ちます。あまりステムの下の方を持ってしまうと、不安定になってしまうからです。ステムを持つと言っても、握るように持ってしまっては周りからみてもエレガントとは言えません。指で軽く持つようにしましょう。また、ブランデーグラスのように指の間にステムを入れないようにしましょう。

乾杯

乾杯をする時に、グラスをカーンと鳴らすのもマナー違反とされています。ワイングラスは薄く、繊細にできています。グラスを合わせる事で、すぐにひびが入ってしまったり、割れてしまう恐れがあります。ワイングラスで乾杯をする時には、グラスを目の高さまで上げ、軽く会釈するようにしましょう。いかにエレガントにワインを楽しめるか。そんな事を考えながらワインを飲むのもたまにはいいのかもしれませんね。

おすすめ記事ピックアップ