テーブルマナーの基本。ナイフとフォークの使い方

およばれしてもこれで安心!洋食テーブルマナー講座

どの順番で使えば良い?フォークナイフの使い方

テーブルマナー

結婚式・披露宴、パーティーに何度も出席している人や、フルコースの料理を良く食べに行く人であれば、テ-ブルマナーには詳しいのかも知れません。しかし、フルコースといっただけで緊張してしまい、どう食べればいいのか分からない。そんな人もいるのではないでしょうか。日本食や中華の場合は箸が一膳あればいいのですが、フルコースの場合、ナイフやフォーク、スプーンが数多く並んでいます。「どの料理にどれを使っていいのか分からない」と思っても、あわてる事はないのです。

ナイフとフォークはどれから使う?

席についてみると、飾り皿の隣には、たくさんのナイフやフォークが置いてあります。見ただけで慌ててしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、フルコースだからといってあわてる事はありません。料理が出てきたら、一番外側のナイフやフォーク、スプーンから使えばいいのです。右手にはナイフ、左手にはフォークを持ち、魚料理や肉料理を食べていけばいいのです。スープの場合には、右手でスプーンを持ちます。その時左手は、器に軽く手を添えるといいでしょう。もし使う物を間違ってしまっても、問題はありません。係りの人が新しい物を持ってきてくれるからです。

ナイフやフォークを落としてしまったら

もしもナイフやフォークを落としてしまったら、どうすればいいのでしょうか?落としてしまった物は自分で拾わないといけないと思ってしまいますが、決して自分では拾わないようにしましょう。せっかくおしゃれな服を着ているのだから、床にかがみこむなんて事はしないように。席の係が拾い、新しい物と交換してくれます。また、係が気付かない場合でも合図をして拾いに来てくれるまで待ちましょう。新しい物と交換してもらったらお礼を言う事を忘れずに。

食事の途中で席を立たなければならない時には?

途中で席を立ったり、飲み物やパンを食べたり、ナイフやフォークをお皿の上に置く場合にも置き方によって意味があるのをご存知ですか?
まだ食事が終わっていない状態で席を立たなければならない時には、ナイフとフォークをお皿の上で八の字におきましょう。この場合、ナイフは刃を内側にして置くようにします。フォークは背を向ける事でまだ食事が終わっていないという意味になります。また、食事が終わった時には、ナイフやフォークを揃えてお皿の右側におきましょう。無理して全てを食べなければならないというルールはありません。残してしまった場合には綺麗にまとめておきましょう。

おすすめ記事ピックアップ