フィンガーボウルがあってももう迷わない。指先の洗い方。

およばれしてもこれで安心!洋食テーブルマナー講座

フィンガーボウルの美しい使い方

フィンガーボールとは?

フィンガーボールとは、食事の最中にテーブル上で指を洗う為の水が入ったボールです。古代エジプト時代からある食具であり、中世ヨーロッパでは良く使われていました。上級階級の食卓で使う時にはバラやシナモンによって匂いをつけていたそうです。現在では、ガラス製や金属製、ステンレス製など色々な種類があります。大きさの平均は直径11cmで高さが4~5cmの小鉢の様な形をしている物が主流です。フィンガーボールの中には水が入っていますが、その中に、レモンやコリアンダーを浮かべることで指先の消臭にも効果があります。昔、フィンガーボールがまだ知られていなかった頃には何に使えばいいのか分からず、飲んでしまった人もいたようです。今ではフィンガーボールという食具も数多く使われるようになりましたが、正式に使うにはどうすればよいのか、分からない人も多いのではないでしょうか。

フィンガーボールはいつ使うのか

フルコースの料理を食べたとしても、毎回出てくるとは限らないフィンガーボール。一体いつ使うのでしょうか。フィンガーボールは肉料理や魚料理など、ナイフとフォークを使う様な料理の時には使いません。主にオマールエビやカニなど、ナイフとフォークでは食べずらい料理が出た時に使います。基本的には洋食はナイフやフォークを使って食事をする物ですが、フィンガーボールが出た時だけは、手を使っても良いという合図でもあります。慣れないフォークやナイフで上手に食べる事の出来ない料理の時には無理をせずに手を使って食べましょう。最初からフィンガーボールがテーブルに出ている時もありますが、メニュー表等で料理を確認し、使う時までは指を洗わないように気を付けましょう。

指先を洗う

フィンガーボールで、指を洗う事が出来るという事は分かって頂けたと思います。では指を洗う時にはどうすればよいのでしょうか。フィンガーボールは指先だけを洗う物です。間違っても手の平を洗ってはいけません。洗い方としては、指の第二関節くらいまでをフィンガーボールに入れ片手づつ洗いますが、ジャブジャブと洗わずに指先をこすり合わすように洗います。極力音を立てずに洗います。片手が終わったらもう片方の手を洗いますが、濡れた手はナプキンで拭きましょう。わざわざ自分のハンカチやティッシュを出して拭く事はありません。ナプキンは、食事中に汚れた口や手を拭く為にある物なので、気にせずナプキンで拭きましょう。

おすすめ記事ピックアップ