飲み物に関するテーブルマナーをおさえておきましょう!

およばれしてもこれで安心!洋食テーブルマナー講座

手に持って良い食器は?カップの美しい持ち方

飲み物は手に持つ?持たない?

コース料理の場合、スープがつくことが多いでしょう。スープは手に持って飲むのか、飲まないのか。意外と悩む人も多いのではないでしょうか。取っ手の付いていないカップにスープが入っている場合には右手にスプーンを持ち、左手をカップに添えましょう。取っ手が付いている場合には両手で持っても片手で持っても大丈夫です。片手で持つ場合には、反対の手もカップに添えるといいでしょう。どのように飲めば美しく見えるのかを考えながら、美味しく頂きましょう。

コーヒーや紅茶を飲む場合

コース料理の最後には、デザートやコーヒー、紅茶が出て来ることと思います。コーヒーや紅茶は、もちろんカップを手に持って飲みますが、コーヒーや紅茶を飲む時にも、マナーがあります。立食パーティーの場合は、飲み物も手に持たなければいけません。この場合には左手にソーサーを持ちましょう。右手にはカップを持ちます。コーヒーや紅茶は一気に飲む様な物ではありません。飲まずにいる時にどう持てば優雅に見えるかを考えるとよいでしょう。また、立食であれば、ふらついて飲み物がこぼれてしまっても、ソーサーで受け止める事が出来ます。自分の席がある場合には、ソーサーは持たずに、カップだけを持つようにしましょう。テーブルマナーとしては、ソーサーだけでなく、他のお皿も手に持つ事はマナー違反になります。立食パーティーの場合にも、ソーサーを手に持ち、席があるような場合には、カップだけを持ちましょう。

コーヒーの飲み方にもマナーがある

コーヒーぐらいは自由に飲みたいと思う人もたくさんいるでしょう。コーヒーはブラックしか飲まないという人であれば、あまり気にしなくてもいいのですが、砂糖やミルクを入れるという人はこの機会にぜひ覚えておくとよいでしょう。砂糖とミルクどちらも入れて飲むという人も多いと思いますが、その場合はまずは砂糖からコーヒーに入れましょう。砂糖を入れたら、すぐにミルクを入れず、スプーンでかき混ぜます。この際注意しなくてはならないのが、ガチャガチャとスプーンでかき混ぜないという事です。スプーンはカップの底に当たらないようにし、ゆっくりとかき混ぜましょう。砂糖が十分に混ざったら、スプーンをカップの向こう側のソーサーにおき、ミルクを注ぎます。紅茶を飲む場合、レモンも入れたままにしておかず、スプーンと同じように、カップの向こう側におきましょう。

おすすめ記事ピックアップ