ビュッフェ形式の料理を上手な取り方とは?

およばれしてもこれで安心!洋食テーブルマナー講座

料理の取り方・取る順番

ビュッフェについて

結婚式といえば、以前はホテルなどの会場に席を用意し、フルコースの料理を味わうというスタイルが一般的でした。しかし最近は、新郎新婦のこだわりのお店。レストランウェディングなども多くなってきました。レストランで結婚式をする時によく見るのが、立食パーティーです。立食パーティーではビュッフェスタイルで食事をする事になりますが、ビュッフェでのマナーとは一体どのようなものなのでしょうか。ビュッフェは、自分で料理を取らなければいけないため、荷物などはあらかじめクロークに預けておきましょう。バックを持ち歩いたとしても、小さな肩掛けバックだと、邪魔にはなりません。貴重品や結婚式で使う物だけを入れておきましょう。

料理を取る時は時計回り

料理を取る時には、右から左へ進んでいきます。料理がのせてあるテーブルが丸い場合は時計回りに進んでいきます。料理を取る時に列ができていたとしても、必ず並びその列を乱すような事をしてはいけません。人がたくさんで、なかなか進む事が出来ないと思ったなら、他の場所で少し待つ余裕を持ちましょう。ビュッフェでの結婚式は、「食事をメインで楽しむ」というよりは、「おしゃべりをして楽しみたい」という、新郎新婦の思いもあるのです。おしゃべりをしながら食事を楽しむという事を忘れないようにしなければならないのです。

料理はどのように取ればいいの?

たくさんの料理が並んでいて、どうすればいいのか分からなくても大丈夫。ビュッフェの場合もコース料理と同じ順番で並んでいます。前菜などの冷たい料理から、メインディッシュの温かい肉料理、デザートまで順番に並んでいます。嫌いなものがあったとしても、無理をして取らなくても大丈夫です。一つの料理を少しずつお皿に載せていきましょう。料理が高く積んである場合には、上の方から順番に取り、形を崩さないようにしなくてはいけません。また、料理が並んでいる場合には左端から取っていきましょう。パーティービュッフェは、食べ放題のお店ではありません。好きなものがあったとしても、一つの料理だけたくさんお皿に載せる事はマナー違反です。色々な料理を少しずつ、自分が食べれる量をのせていきましょう。また、気を利かせたつもりで他の人の分まで持ってくる必要はありません。自分の分だけ取ればいいのです。ビュッフェには細かいマナーがあります。フルコースと違い、たち振る舞いなど少し難しいと思うかもしれませんが、「いかにエレガントに過ごす事が出来るか」という事を考えながら、楽しんでみてはいかがですか?

おすすめ記事ピックアップ